車あるある一覧

  • 日本で最も売れている車⁉<ホンダ N-BOX>
    pic_nm_color_peach_white


    前回、<三菱 ek>をご紹介しましたので(ttps://lotasclub-kyoto.com/aruaru/20200911-727/)、今日は「日本で最も売れている車」と言われているホンダの「N-BOX」をご紹介したいと思います。


    室内空間の広さに注目!

    なぜ、人気を博しているのかというと、軽自動車であることを忘れてしまう大容量の室内空間であるからでしょうか。


    ダントツに広い室内空間でありながら、後部座席をワンタッチで畳める便利の良さも魅力です。


    「N-BOXは広い」という神話が出来上がっているので、軽自動車を購入する時にはまず「N-BOX」をチェックする人が多いように思います。


    「Honda SENSING」を標準装備!

    軽自動車であっても、先進の安全運転支援システムHonda SENSINGが搭載されています。

    車線をはみ出さないように車線を検知したり(炉外逸脱抑制機能)、適切な車間距離を保つことで運転負荷を軽減したり(ACC:アダプティブ・クルーズ・コントロール)、対向車や前走車を検知しハイ/ロービームを自動で切り替えたり(オートハイビーム)、複数の先進技術で安全かつ快適なドライブをサポートしてくれます。


    予防安全性能評価において、最高ランクの「ASV+++」を獲得していて、夜間の街灯なしでも被害軽減ブレーキが機能できる最高ランクの評価を得ているので、初心者のドライバーから大型乗用車からサイズダウンしてタウンユーズしているシルバー世代の方まで、幅広くご乗車していただくのにおすすめの車です。


    セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉

    「N-BOX」も、セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉に該当しています。

    令和2年度中に満65歳以上となる方は、サポカー補助金の対象となっていますので、購入時にサポカー補助金が交付されます。

    (参照「Hondaのサポカー・ラインアップ」:https://www.honda.co.jp/support-car/#subsidy)


    衝突安全性能も最高ランク

    「N-BOX」は、平成29年度自動車アセスメント(JNCAP)で最高評価の“衝突安全性能評価ファイブスター賞”を受賞しています。

    車のボディー構造を強い骨格に作り上げ、エアバッグにはHonda独自の「内圧保持タイプ」のi-SRSエアバッグシステムが前席に標準装備されています。

    前席のみならず、側面衝突時にはサイドエアバッグシステムやサイドカーテンエアバッグシステムが前席・後席に展開します。


    デザインも個性豊か

    外観のバリエーションが豊富で、どんな人でも欲しいデザインと色が見つかるのが「N-BOX」です。


    軽自動車購入をお考えの際には、ロータス京都加盟店にご相談ください。

    購入でもマイカーリースの「新☆車生活」でも、お客様にとって最適なスタイルの新車生活をおすすめさせていただきます。


    <ロータス京都加盟店:https://lotasclub-kyoto.com/shop/

  • 今、人気がある軽自動車<三菱 ek>
    p_200319_m_5421_img_01

    竹内涼真さんがCMをつとめる三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース & eKスペース」をご紹介したいと思います。


    軽スーパーハイトワゴンとは?

    まず、車探しをしているとよく目にする軽スーパーハイトワゴンですが、軽トールワゴンとも呼ばれ、簡単に言うと「背が高い軽」です。

    軽自動車規格いっぱいまで拡大したボディなので、前から見ても横から見ても、真四角に見える軽自動車です。


    限界まで大きくしているため、自動車としてのデザインは単調になりがちですが、三菱自動車の「eKクロス スペース」と「eKスペース」はデザインにこだわった車体なので、一目ぼれされる方が多い軽自動車です。


    一目ぼれで即購入しても後悔しないですむ、<三菱 eK>の魅力をご紹介していきましょう。


    まず、「eKスペース」「eKクロス スペース」共通の魅力ですが、

    ①広い!

    このクラスで最高レベルの空間の広さを持っています。

    (大開口スライドドア約650mm・後席の前後スライド量約320mm)


    ②リヤサーキュレーターはプラズマクラスターつき!

    最近のニュースで「プラズマクラスター技術で空気中に浮遊する「新型コロナウイルス」の減少効果を実証」したと報道されていた、プラズマクラスターが搭載されています。

    (プラズマクラスターの多彩な実証結果 参照:https://jp.sharp/plasmacluster-tech/effect/


    子どもたちが乗車するにしても、高齢者の方が乗るにしても、密になる車内でこの機能が搭載されているのはとても心強いですね。


    ③運転初心者の人でも、そうでなくても、あると便利「マルチアラウンドモニター」

    ルームミラーが「デジタルルームミラー」になっていて、ルームミラー内のモニターに周りの状況が表示されます。

    周りの様子を見ながら駐車できる安心感と、歩行者や自転車など動いているものを検知して

    存在を知らせてくれるので、駐車する際にはとても便利な機能です。


    ④サポカーSワイド 対象車

    安全運転サポート車=セーフティ・サポートカーを略して「サポカー」と呼んでいますが、自動ブレーキを搭載している車のことを指しています。


    サポカーSは、自動ブレーキ機能に加えてペダル踏み間違い防止時加速抑制装置などの安全運転支援装置を搭載している車のことで、今回ご紹介している「eKスペース」「eKクロス スペース」はともにサポカーSの対象車です。


    サポカー補助金申請についてはこちら ↓

    http://www.cev-pc.or.jp/#no04


    セカンドカーとして、自転車感覚で使われていた軽自動車ですが、軽自動車のスーパーハイトワゴンが登場して以来、子どもが立って乗れる広さに人気の火がつき、ファミリー層のファーストカーになりました。


    その中、三菱自動車の車は、ラリーで培った強い車の技術が引き継がれ、「eKスペース」「eKクロス スペース」にも「ステアリングの強い車」として、ユーザーの皆さんがショッピングモールの駐車場bなどで、そのタフさを実感されています。


    「eKクロス スペース」は、高級車やセダンといった大きな車に乗りなれた人が、子どもが独立するなどして自分がちょっと乗るのに便利な軽自動車に乗り換える「ダウンサイザー」と呼ばれる人にも満足してもらえる質感・クオリティを備えています。


    長距離のドライブにも耐えられる機能が充実していて「高速道路同一車線運転支援技術 マイパイロット」は、高速道路での運転をアシストして、ストレスや疲労の軽減につながります。

    セカンドライフや、趣味での遠出、仕事でたくさんの荷物を運びながら移動する人に乗りやすい車です。


    ロータスクラブ京都の「新☆車生活」なら、気軽に新車に乗ることができますので、お気軽にお近くのロータス京都加盟店にご相談ください。

    ロータス京都加盟店一覧:https://lotasclub-kyoto.com/shop/

  • 中古車を購入するより「新☆車生活」のマイカーリース
    pixta_58391269_M

    https://lotasclub-kyoto.com/#planコロナ禍の中、車の需要が高まってきています。

    家族しか乗車しないようなら、車はどこまで行ってもプライベート空間。


    新車を購入しようと思うと、金額が大きいため頭金などの準備が必要となってきます。

    また、デザインで気に入ったからと購入したものの、車の価値が低い場合は売却時に査定額が低くなってしまうリスクがあります。


    最近では、頭金なしで購入するプランも出てきているので、どうしても新車で購入しておいて、しっかり売却したいという人は、自分の生活スタイルのみならず、リセールバリュー(再販価格)が高くなりそうな物を見極めましょう。


    中古車なら、値段と相談して納得できたら、すぐに乗れる手軽さが魅力でしょうか。

    価格次第では即金で支払えることもあるでしょう。


    新車とほとんど変わらない中古車でも、ググっと値段が落ちて魅力的な車もあります。


    でも、中古車を選ぶときは隅々までチェックするのが鉄則。

    信頼できる販売店にしっかり相談して、良い中古車を見極めてください。


    ロータス京都加盟店がおすすめしている「新☆車生活」のマイカーリースは、新車に乗れる魅力と、月々の支払いが抑えられている、いいとこどりのシステムです。


    新車購入でも、中古車購入でも、維持費用という面では変わりません。

    (中古車の方が、維持費が高くなる傾向もあります)


    ところが、マイカーリースは、維持費を含めた定額が設定されているので、月々の支払さえしていれば、燃料費を追加で支払うだけで自家用車として乗車することができます。


    「新☆車生活」は、月々8,000円プラン・14,500円プランをご用意。


    基本の8,000円プランでも、

    自動車税7回

    重量税2回

    車検2回

    自賠責2回

    オイル点検14回

    オイルメント2回

    これだけのメンテナンスメニューが付いています!

    ※税別。ボーナス時加算35,000円(14回)


    もう少しメンテナンスを追加しておきたい場合は、

    安心プラン<月額1,500円>

    法定点検2回

    安全点検2回

    ブレーキオイル2回

    ワイパーゴム×2回

    エアコンフィルター×2回

    を追加することができます。


    もっと充実したオプションをご希望なら、基本プラン+安心プランに、更に充実プランを追加することができます。

    充実プラン<月額3,000円>

    タイヤ交換4本×2回

    バッテリー交換×2回

    ブレーキパット×2回

    ベルト類×1回


    タイヤ交換が2回もついているのが魅力です。


    車は購入する意外にも、マイカーリースという方法をぜひご検討ください。

    ↓詳しくはこちらをご覧ください。

    https://lotasclub-kyoto.com/#plan

  • 秋の夕暮れ時は事故に注意
    bnr_01_600x600

    秋になると「秋の全国交通安全運動」が毎年行われています。

    コロナ禍の今年も、秋の全国交通安全運動が実施されることになっています。


    運動実施期間は、9月21日(月)~30日(水)の10日間です。

    動期間最終日の9月30日は「交通事故死ゼロを目指す日」となっています。


    秋に「全国交通安全運動」が行われるのは、どうしても秋に車による死亡事故が多くなるので、そのための注意喚起です。


    夏の間日照時間が長かったのに対し、秋は日増しに日没の時間が早くなっていきます。

    この日没の時間帯に事故が集中するのです。


    日没前後の16時ごろから18時にかけては、帰宅する学生や仕事を終えた人たちの帰宅ラッシュと重なります。


    夢中になったら周りが見えない子どもたち、部活帰りで集中力が途絶えがちな中学・高校生、帰宅中も仕事のことが頭から離れないお疲れがちなラリーマン…。


    車を運転しているドライバーも同じ状態であることを思うと、けだるい薄紅の夕暮れの中を覚醒した精神状態で注意できる人の方が少ないかもしれませんね。


    そんな中、できる対策があります。


    ・ヘッドライトを早めに点灯しておく

    JAFによると日没30分前にはヘッドライトを点灯するように呼び掛けているようです。

    日没後でも明るいことを思うと、ずいぶん早いように思いますが、秋の夕方は集中力が落ちがちなので、ヘッドライトを積極的に点灯して、周りに注意を喚起しましょう。


    最近はオートライトに任せっきりになっている人もいるかもしれませんが、薄暗い曇りの日などは特に注意が必要です。


    ・右側前方にもご注意

    秋の夕日は低くて、ドライバーの視界に直接入ってくることも。

    多くのドライバーは対向車のヘッドライトに眩惑されないように、無意識に右側に視線を送らないようにしているとか。

    対向車が通過した後に、歩行者や自転車が飛び出してくることもあるので、意識的に右側にも注意を向けるようにしましょう。


    ・速度を抑えて

    死亡事故多発時間帯であることを意識して、生活道路を通過する時は特に速度を落として周りに注意をむけましょう。

    「早く帰宅したい」と急ぐ気持ちが事故につながります。


    日没の30分前にヘッドライトを点灯する「おもいやりライト運動」という活動が2010年に始まり、今年で10年目を迎えます。

    このロゴを見たら、夕暮れ時には早めにヘッドライトを付けて、交通事故防止のために気を付けて運転することを心がけてください。

  • スライドドアの車って便利ですね
    pixta_60146427_M

    手で開け閉めしていたスライドドアは、それだけでも便利なドアでしたが、どんどん進化してスイッチで動いたり、足元をかざすだけで開閉できるスライドドアが出てきました。


    このようなスライドドアは、両手にお買い物した袋を持ったり、さらには子どもを抱えて荷物を持つ世代にとても重宝がられるものですが、子どもが大きくなってきたらそんな機能も「必要かな?」と見直す機会が出てきます。


    ちょうど本日、お子さまがスライドドアの車に乗り込む際に瀬加奈のランドセルがドアに引っ掛かり、ドアのゴムパッキンがずるーっとはがれたという人のお話を聞く機会がありました。

    ゴムパッキンを張り替えるだけなら、まだ簡単な修理だったのですが、そこについていたモーターごと引っ剥がしてしまったので、想定外の修理費が必要になってしまいました。


    実は、便利なスライドドアですが、それなりに車とお財布に負担がかかっています。

    片側のみのスライドドアの車と、両側がスライドドアの車を比較すると、両側がスライドドアの車の方が、車両価格が高くなります。


    また、スライドドアはパーツが多く、スライドドアの枚数が増えたら増えた分だけ車が重くなり、燃費に影響してきます。


    パーツが多く、構造も複雑な電動のスライドドアは便利な反面、乗車年数が増えるにつれ不具合が出る場所が多くなってきます。

    電動スライドドアの動きが悪い、音が変わった…というような、いつもとの違いを感じたら、ディーラーかロータス京都加盟店にご相談ください。

    こまめな点検が、危険防止につながり、出費を抑えることになります。


    お子さまが小さなうちは便利な電動スライドドアも、お子さまが自由に動くようになれば、ドアが開いた瞬間飛び出すという日が来るかもしれません。


    手動で開閉する従来からのドアなら、大きく開けない限り飛び出すことはできません。

    車道側で下車する場合、従来の手動ドアなら、走行車線を走ってくる車のドライバーに気づいてもらいやすいですが、スライドドアの場合、人が出てくるまで気が付かないことも。


    「ドアが開いたから飛び出す」のではなく、自分で安全を確認してドアを開けるようにしつける、それができない間は、大人が外からドアを開けるのが安全でしょう。


    電動スライドドアの便利さに慣れてしまったら、手動のドアを選択するのは難しいかもしれませんが、乗り換えなどされる機会に、今一度必要な機能かどうか見直してみるのはいかがでしょうか。

  • 車内での熱中症を防ぐために
    pixta_44194488_M

    まだまだ暑い日が続きますね。

    車内では、クーラーを聞かせて天国気分を味わっている人も多いことだと思います。


    ところが、クーラーの効いた涼しい車内でも熱中症には気を付けなければいけません。


    ・輻射熱に注意

    輻射熱と言われて「そうそう!」とピンとくる方には不要なことですが、少しご説明させていただきます。

    「リフォーム ホームプロ」さんのリーフォーム用語集の解説がわかりやすいでしょうか。


     遠赤外線の熱線によって直接伝わる熱の事。つまり、高温の固体表面から低温の固体表面に、その間の空気その他の気体の存在に関係なく、 直接電磁波の形で伝わる伝わり方を輻射といい、その熱を輻射熱という。太陽の自然な暖かさや、薪ストーブの熱なども輻射熱によるもの。

    (出典:https://kotobank.jp/word/%E8%BC%BB%E5%B0%84%E7%86%B1-617297


    車の座席は、四方に窓が付いていて、方向によっては日差しを直接受けることになります。


    その時、輻射熱により、本人の意識以上に体温が上がることになります。

    前の座席は、フロントガラスやサイドガラスからの輻射熱を受けるので、より注意が必要です。


    ・エアコンによる空気の乾燥

    エアコンを使うと、思いのほか空気が乾燥します。

    長時間のドライブになると、クーラーが効いていいて涼しいので、気が付かないうちに脱水症状になっていることがあります。


    涼しい車の中でも、輻射熱と乾燥により脱水症状を起こしやすい環境であることがわかっていただいたでしょうか?


    高速道路などを使った長時間のドライブになると、「トイレに行きたくないから」と水分摂取を控えめにする人もいらっしゃるかと思いますが、積極的に水分をとっていきましょう。

    その際、利尿作用を高める緑茶やコーヒーは避ける方がよいかと思います。


    断熱効果のあるカーフィルムをウインドウガラスに貼るのも、車内の温度を抑えるのに効果的なようです。

    停車中に設置しておくサンシェードと違い、走行中の断熱ができるのがいいですね。


    UVカット機能のあるウインドウガラスも経年劣化で効果が薄れていくと言われています。

    断熱効果のあるUVカットガラスに交換するのも対策の一つとなるでしょう。


    UVカットガラスの交換、又は交換のご相談には、ロータス京都加盟店にお任せを。

    お近くのロータス京都加盟店がお力になります。

    ロータス京都加盟店一覧:https://lotasclub-kyoto.com/shop/
  • マイカーリースを比較してみよう
    pixta_9249191_M

    マイカーリースにもいろいろなタイプが出てきました。

    車を買い替えようとした時に、「マイカーリースの方がお得なのかな?」と頭の片隅によぎる方も多くなってきたようで、マイカーリースに関するお問い合わせが増えてきています。


    マイカーリースの方がお得かどうかは直接ロータス京都加盟店にご相談いただくと、お客様のシチュエーションに合わせてお答えさせていただきますが、お店に足を運ぶ前に確認しておきたいお気持ちもわかります。


    マイカーリースにするかどうかを考えるポイントをご紹介します。


    <料金について>

    料金に何が含まれているのか確認します。

    「安いから」と飛びついてみたら装備が乏しく、あらゆる装備をレンタルすることになりかねません。


    ・リース料

    自分が乗りたいランクの車がいくらでリース可能かチェックします。

    毎月定額とあっても、ボーナス支払いがある場合があります。ボーナスが支給されない給与形態の場合、その月の支払いができるかどうかを確認します。


    ・オプション料金

    すべてを含んだプランもあれば、車の装備を必要な分だけオプションで付けるパターンのプランもあります。

    あまりにも安い場合は、基本装備であるようなものまでオプションとして別に支払うことがあるようなので、よく確認しておいてください。

    ロータス京都のマイカーリース「月々定額 新☆車生活」では、オプションなしでもメンテナンスメニューがついていますが、オプションでさらに充実させることができます。


    <リース期間>

    使い方に合わせて選択するリース期間ですが、基本的に長期契約の方が1か月あたりの支払が安くなります。


    ロータス京都のマイカーリース「月々定額 新☆車生活」では、7年契約で月々8000円から新車に乗るプランをご用意しています。


    <月間の走行上限距離>

    プランによっては、走行郷距離の上限がある場合があります。

    週末だけの利用、近所の実家に行き来するだけといった、月間の距離がはっきりわかっている場合は選びやすいですが、ビジネスで毎日乗車する場合や、遠方へのドライブが多い方は検討が必要です。


    <残存価格の有無>

    リース満了時に、残存価格が設定されているかどうかチェックします。

    リース期間が終われば、返却して終了というシンプルなプランと、残存価格を清算することでキャッシュバックが望めるプランがあります。


    残存価格とは、リース期間が満了した時に、リース車両にどの程度の価値があるのかを予め

    計算したうえでリース料が設定されています。


    予想した以上に車両がよい状態の場合は、査定価格が上がり、キャッシュバックというご褒美になrつながります。 走行距離や自然減耗、経年劣化によるダメージなどにより査定価格が低くなってしまった場合、支払いが必要になります。

    ロータス京都のマイカーリース「月々定額 新☆車生活」でも、残存価格を設定しています。

    「キャッシュバック」をお守りと思ってもらって、普段から安全運転で、車を大事にするきっかけにしてもらえたらと思います。

  • パンクしたら?
    pixta_32069476_M


    急に車がふらふらしたり、異常な音や振動が伝わってくる場合、タイヤがパンクしているかもしれません。


    車を平坦で安全な場所に止めて、タイヤのチェックをしてみましょう。


    急なパンクに対応するために車にはスペアタイヤが積まれています。

    「あれ?そんなタイヤあったかな⁉」

    どきっとされた方が、いるかもしれません。


    最近は、スペアタイヤの代わりにタイヤパンク応急修理キットが装備されています。

    スペアタイヤが装備されていない場合、トランクルームなどにタイヤパンク応急修理キット

    が装備されていないか調べてみましょう。


    今日はタイヤパンク応急修理キットでタイヤのパンクの応急処置をする方法をお伝えします。


    まず、安全な場所に車を停車したら、タイヤがパンクしているか調べます。


    タイヤの地面との接地部分に釘やねじなどが刺さっている場合、このタイヤパンク応急修理キットで対処できます。


    刺さっているものを抜いてしまうと修理できない場合がありますので、刺さったままで対処します。


    まず、タイヤパンク応急修理キット中身をご紹介します。

    ・修理剤ボトル

    ・エアコンプレッサー

    ・速度制限シール


    では、修理を始めます。


    <準備>

    ①シフトポジションをPにする

    ②エンジン・ハイブリッドシステムを停止する

    ③非常点滅灯を点滅させる

    ④速度制限シールがある場合、運転者がよく見える場所に貼っておく


    <エアコンプレッサーの準備>

    ①コンプレッサーからホースと電源プラグを取り出す

    ②ボトルホルダーのキャップを外す

    ③修理剤ボトルのキャップを外す

    ④修理剤ボトルを注入ホースとの接合箇所に取り付ける

     ※修理剤を直接タイヤに注入する場合もあります


    <エアコンプレッサーの起動>

    ①ホースの先端をタイヤのバルブにねじ込む

    ②コンプレッサーのスイッチがOFFであることを確認して、電源プラグを車内の電源ソケットに差し込む

    ③コンプレッサーのスイッチをON

    ④タイヤを指定空気圧まで(又は最低基準圧まで)上げる

     ※コンプレッサーを途中で一時停止し、空気圧を測定します

     ※空気圧が高過ぎた場合は、排気用バルブで調整してタイヤの空気を抜きます


    <片付け>

    ①空気圧が調整できたら、コンプレッサーのスイッチをOFFにする

    ②電源プラグを電源ソケットから抜く

    ③注入ホースをタイヤのバルブから抜く


    <修理剤を定着させる>

    ①修理剤をタイヤ内に均等にいきわたらせるために決められた時間・距離を走行する

     ※速度は規定以下の低速で運転します


    <修理完了のチェック>

    ①スイッチがOFFのままコンプレッサーの注入ホースを、タイヤのバルブに取り付ける

    ②空気圧を測定

    ③空気圧が低下していなければ、指定空気圧に調整する


    <至急整備工場へ向かう>

    ロータス京都加盟店は、タイヤ修理も得意分野です。

    お近くにありましたら、どうぞお越しください。

    【ロータス京都加盟店一覧】https://lotasclub-kyoto.com/shop/


    移動の途中、空気圧が低下するようなことがあれば、<修理完了のチェック>の手順で空気圧を上げます。


    <修理剤は使用期限有>

    タイヤパンク応急修理キットの中に入っている修理剤ボトルは、有効期限があります。

    期限切れには注意して、期限が切れたら交換しましょう。

  • 夏の熱い道路に耐えるお勧めのタイヤ
    pixta_59895437_M


    長い雨が続き、やっと梅雨明けしたかと思うと、強い日差しに溶けてしまいそうですね。

    タイヤもこの暑さと戦っています。


    「夏タイヤ」として販売されているものは、通常「ノーマルタイヤ」のことを指しています。

    国内で販売されている新車は、大抵このタイヤが標準装備されています。

    このタイヤの接地面の状態が車の乗り心地や快適さ、車の制御にかかわっています。

    特殊な目的に特化しているものではありませんが、いろいろなタイプがありますので、お好みに合わせて選ぶことができます。


    タイヤの選び方をご紹介します。


    <サイズ>

    どんな車であっても、まずはホイールサイズに合ったタイヤを選びます。

    幅(地面に接する部分)、扁平率(タイヤの横の厚み)、リム径(ホイールのサイズ)を確認しておくことで、同じサイズのタイヤを選ぶことができます。


    <タイヤのタイプ>

    ・スポーツコンフォートタイヤ

    スポーツタイヤに、コンフォートタイヤの快適性を加えたタイヤです。

    スポーツタイヤの特徴は、乗り心地や静粛性よりもグリップ性能を優先したタイヤです。それに反し、コンフォートタイヤは快適性を重視するためグリップ性能が劣ります。

    これら相反する機能をいいとこどりしたタイヤです。


    ・スタンダードタイヤ

    特に欠点がなく、基本性能をバランスよく搭載する標準モデルです。サイズバリエーションが豊富で、コストパフォーマンスにも優れ、購入しやすいカテゴリーとして評価されています。


    ・プレミアムコンフォートタイヤ

    コンフォートタイヤよりも、さらに快適性が重視されています。

    最上級の乗り心を体感することができます。


    ・エコタイヤ

    日本自動車タイヤ協会(JATMA)が定めた等級制度で、低燃費性と安全性が基準値をクリアしているタイヤを指します。

    CO2の排出や、ガソリン消費を抑制します。


    どのようなタイプのタイヤがあるのかわかれば、ほしい機能に合わせてタイヤを選ぶこともできます。


    <性能>

    ・ドライ性能

    、乾いた路面でのブレーキ&コーナリング性能のことを指します。



    ・ウェット性能

    一般の車は、乾いた路面(ドライ)から濡れた路面(ウェット)まで走ります。

    雨の日に安全に走行するためには、ドライ性能と同じぐらいウエット性能も重要です。

    そのためにも排水性の高いタイヤを選びましょう。 


    ・静粛性

    静かなタイヤを装着することで、車の運転のストレスが軽減します。

    快適なドライブを楽しみたい方におすすめの性能です。


    ・省燃費性能

    省燃費性能は、タイヤの転がり抵抗によって変わります。

    ハイブリッドカーやPHVなどの人気により、省燃費性能とグリップ性能の両立を目指したタイヤの開発がトレンドとなっていて、エコカーなどの燃費の良い車には、省燃費性能を重視したタイヤが装着されています。


    タイヤにはいろいろな性能があるので、お好みの乗り心地から最適のタイヤを選ぶことができます。

    ロータス京都加盟店では、お好みのタイヤ選びをお手伝いさせていただきます。

    お気軽にご相談ください。

  • 帰省の時の車移動にご注意
    pixta_59444138_L


    今年の帰省は皆さん慎重に考えていらっしゃると思いますが、県外ナンバーであることで誹謗中傷を受けたり、車に傷をつけられたりする被害が出ているようです。

    田舎であればあるほど、県外ナンバーに対する意識が強く、コロナになった時には個人が特定されて村八分になるといわれています。


    帰省先に確認して、「帰ってきても大丈夫」と言われ、「マイカーならいいだろう」とマイカーを選択するのはOKなように思いますが、このような報告がありました。


    「ドライブ感染に注意」

    普段一緒に生活している家族だけで乗車するのであれば、家で生活しているか車に居るかの違いで変化はないのですが、ここへ普段生活を共にしていない人を同乗させると、危険が潜んでしまうようです。


    車の中は、密接で密閉です。

    FNNプライムオンラインによると、感染者が車の中でマスクをせず1分間しゃべると、せき1回分に相当する約1万個のウイルスが飛散し、約30分会話を続けると車内全体にウイルスが拡散するらしいです。


    車内では特にマスクが必要となりますが、こまめに喚起するのと効果があるようです。


    時速50kmで走行中に、1秒間だけ窓を全開にすると、十分に車中の空気が入れ替わるそうです。


    クーラーで涼しくなった車内の窓を全開にするのに抵抗を感じる人は多いと思いますが、1秒だけなのでドライブ中は、定期的に換気をしていきましょう。


    ドライバーが交代する場合は、ハンドルやカーナビの消毒をお忘れなく。

    今では手に入りやすくなった除菌シートやスプレーを活用しましょう。


    道中にできることをやっておくことで、帰省先には迷惑がかからないようにしたいですね。


    ロータス京都では、車に関するご相談を受け付けております。

    どのようなことでもお気軽にご相談ください。

< 1 23 4 ... 9 >

>>ロータス京都へ