スライドドアの車って便利ですね

pixta_60146427_M

手で開け閉めしていたスライドドアは、それだけでも便利なドアでしたが、どんどん進化してスイッチで動いたり、足元をかざすだけで開閉できるスライドドアが出てきました。


このようなスライドドアは、両手にお買い物した袋を持ったり、さらには子どもを抱えて荷物を持つ世代にとても重宝がられるものですが、子どもが大きくなってきたらそんな機能も「必要かな?」と見直す機会が出てきます。


ちょうど本日、お子さまがスライドドアの車に乗り込む際に瀬加奈のランドセルがドアに引っ掛かり、ドアのゴムパッキンがずるーっとはがれたという人のお話を聞く機会がありました。

ゴムパッキンを張り替えるだけなら、まだ簡単な修理だったのですが、そこについていたモーターごと引っ剥がしてしまったので、想定外の修理費が必要になってしまいました。


実は、便利なスライドドアですが、それなりに車とお財布に負担がかかっています。

片側のみのスライドドアの車と、両側がスライドドアの車を比較すると、両側がスライドドアの車の方が、車両価格が高くなります。


また、スライドドアはパーツが多く、スライドドアの枚数が増えたら増えた分だけ車が重くなり、燃費に影響してきます。


パーツが多く、構造も複雑な電動のスライドドアは便利な反面、乗車年数が増えるにつれ不具合が出る場所が多くなってきます。

電動スライドドアの動きが悪い、音が変わった…というような、いつもとの違いを感じたら、ディーラーかロータス京都加盟店にご相談ください。

こまめな点検が、危険防止につながり、出費を抑えることになります。


お子さまが小さなうちは便利な電動スライドドアも、お子さまが自由に動くようになれば、ドアが開いた瞬間飛び出すという日が来るかもしれません。


手動で開閉する従来からのドアなら、大きく開けない限り飛び出すことはできません。

車道側で下車する場合、従来の手動ドアなら、走行車線を走ってくる車のドライバーに気づいてもらいやすいですが、スライドドアの場合、人が出てくるまで気が付かないことも。


「ドアが開いたから飛び出す」のではなく、自分で安全を確認してドアを開けるようにしつける、それができない間は、大人が外からドアを開けるのが安全でしょう。


電動スライドドアの便利さに慣れてしまったら、手動のドアを選択するのは難しいかもしれませんが、乗り換えなどされる機会に、今一度必要な機能かどうか見直してみるのはいかがでしょうか。